世界に進撃する日本のデザイナー集

TOPページ(神田うの)

日本のファッションデザイナー

モードの国際的な中心地から遠く離れていながらも、常に世界から注目される日本。日本にはたくさんの有名デザイナーがいますよね。ここでは日本のファッションデザインナーの魅力を語りたいと思います。まずは神田うのから!

神田うの

女優でタレントでファッション・デザイナーでもある神田うの。私生活では、パチンコチェーン店、不動産会社を経営する西村拓郎社長と結婚しましたね~。「趣味は結婚式」と公言していて、今まで6回の結婚式を挙げています!す、すごい(笑)

神田うのとウェディングドレス

今や芸能人というよりもウェディングドレスのデザイナーとしてのお仕事がメインとなっている、神田うの。現在、「Scena D'uno(シェーナドウノ)」「UNO et L'ETOILE(ウノ・エ・レトワール)」の2つのブランドを発表しています。シェーナドウノでは、パリ・オートクチュールコレクションにも出展している、実力派ブランドなんですよ。毎年6.12月に新作を発表し、ショーを開く際には自身がモデルを務める神田うの。いまやすっかり人気ブランドとなったウェディングドレスの特徴を、以下にまとめています。人気のデザインは、毎回変わるコンセプトのため、その年ごとに変動する傾向にあるようです。プリンセスラインやAラインのウェディングドレスはもちろん、神田さんらしい個性的なカラードレスも人気が高いようですよ。

ポイント

人気モデルでタレントの神田うのさんプロデュースによるウエディングドレスシリーズ「シェーナ・ドゥーノ」として2001年にスタートしました。以来、大胆なモチーフ使いや、従来のドレスにはない斬新な素材使いで、『ウェディングドレスの常識を覆した』と言われるほど、ブライダル界に一大旋風を巻き起こしました。さらにキュートでスウィートなライン「ウノ・エ・レトワール」もスタートし、ウェディングドレス、カラードレスともに豊富にとり揃っています。芸能人プロデュースドレスのハシリと思われがちですが、シェーナ・ドゥーノの場合は神田うの自身が“チーフデザイナー”としてデザインやカッティングにも関わっています。トップモデルとして高級品や芸術品を間近に見てきた彼女だからできるゴージャスなドレスは、おきまりの清楚なドレスじゃ物足りない女性から支持を得ています。

神田うののドレスブランド/シェーナドウノ

メインブランド。神田うの自身がカタログ等のモデルを務めています。プリンセスラインからマーメイドまでさまざまなデザインが揃い、年2回の新デザイン追加でいつも新鮮なイメージを維持しています。コンセプトは毎年変わり、流行をほど良く取り入れつつ、神田うのらしい個性やオシャレさも醸し出すデザインとなっています。

神田うののドレスブランド/ウノ・エ・レトワール

シェーナドウノのセカンドラインとして発表されたブランド。メインブランドであるシェーナドウノよりも弱冠ターゲット層は若く、カジュアルで可愛らしいイメージのデザインが揃っています。イメージキャラクターは、自身も2011年に結婚した木下優樹菜。

デザイン
大胆で斬新、きらびやかでゴージャス。若々しくファッショナブル。個性的なデザインが好みの人にはたまらないユニークなドレスが充実しています。小物やストッキングまでトータルでコーディネートできるのも魅力です。
着心地
さすがモデルの神田うのプロデュースだけあり、着た時に花嫁がかわいく見えるように計算されたラインに定評があります。手触りや着心地よりも、着た時の高揚感が◎です。
評判
ありきたりのドレスはイヤ!という個性的な女性に人気が高いドレスです。とくに10代後半から20代前半の花嫁から支持があります。年配のゲストや義理の両親からの目を心配する声もあります。
素材
王道ブランドにはないユニークな素材やモチーフを採用し、選ぶのが楽しいという口コミ多数。ただし「生地がどれもパキっとしていて安っぽく見える…」とみる人によっては品質に疑問符があるようです。

神田うのストッキングブランド/Tuche(トゥシェ)シリーズ

神田うのデザインの大人気ストッキングブランド「Tuche(トゥシェ)」の商品をご紹介していきます。ここ数年、ダイヤ柄ストッキングやワンポイントチャーム付きストッキングなど、デザイン性のあるお洒落なストッキングが大流行していますよね。これらのストッキングは有名なモデルさんやタレントさんがデザインしていて、最近では海老原友里さん(えびちゃん)や押切萌さんもストッキングのデザインを手がけています。

デザイン

このデザインストッキングは、女子大生やOLさんを中心に大流行しているわけですが、これに一番最初に目をつけてプロデュースしたのが神田うのなんです。さすがオシャレに敏感な神田うのですね。神田うのは、老舗メーカー「GUNZE(グンゼ)」と提携して独自ブランド「Tuche(トゥシェ)」を立ち上げ、コンセプトに合わせて様々なシリーズのストッキングをリリースしています。

Tuche(トゥシェ)の展開ストッキングシリーズ

神田うのが南青山に建てた、総工費推定5億円の大豪邸は、「パンスト御殿」と言われていて、5億円もの豪邸が建つほどTuche(トゥシェ)ブランドのストッキングは売れに売れているようです。

  • (1)Tuche designed by UNO
  • (2)Tuche ブラックレーベル(シンプルでシックなデザイン)
  • (3)Tuche ホワイトレーベル(ハートやフラワーモチーフのフェミニンなデザイン)
  • (4)Tuche Do Basic (ストッキング定番デザイン)
  • (5)Tuche Basic Style   (柄なしのフォーマルストッキングデザイン)
  • (6)Tuche Stylish Biz   (かっこいい系で柄大き目のデザイン)
  • (7)Tuche Fashion Opaque (Stylish Bizデザインよりも柄の細かいデザイン)
  • (8)Tuche for Boots    (ブーツ向けデザイン)

このようにTuche(トゥシェ)ブランドは様々なストッキングシリーズを展開していて、Tuche(トゥシェ)にはありとあらゆるデザインのストッキングがあります。ダイヤ柄デザインストッキングもダイヤの大きさによって何種類もありますし、ワンポイントチャーム付きストッキングもクロス(十字架)やバタフライ(蝶)など、さまざまな種類のワンポイントチャームがあります。また、Tuche(トゥシェ)ストッキングの商品のパッケージでは、美脚の神田うのさん自らがモデルとしてストッキングを着用しているのですが、それもまたTuche(トゥシェ)ストッキングの大きな魅力になっています。

神田うのブランド/UNOUNO(ウノウノ)

ママになってもかわいくいたい!そんな神田うのさんの思いを実現させたのが「UNOUNO」です。産後の経験をもとに、うのさん自身が「あったらよかった!」と思ったアイテムや、毎日を楽しくオシャレに過ごせるような洋服をデザイン。子育てを頑張れる機能性とかわいいママでいられるファッション性を兼ねそろえた商品が多数揃っています。

神田うのブランド/UNO KANDA

神田うのさんのブランドである『UNO KANDA』ではバッグを中心に革小物などが揃い、ハートやリボンなど、女性らしい愛らしいモチーフがポイントとなっています。パープルやピンク、ゴールドやシックな黒を効かせたものが中心となっていて、ファッションのアクセントになる美しい色使いが特徴です。シーンによって使いやすいように、機能性も考えられています。百貨店や大型専門店で扱われ、フェアなども開催されています。また、グンゼからは「うのコレクション」の下着もリリースされています。

神田うのドレスの値段

神田うのデザインと聞くと、つい高級そうな印象を持っている方も多いと思います。が、実はレンタルであれば、ノンブランドのドレスを購入するのとさほど変わらない価格で身につけることができるんですよ。ただし、ドレスや和装には小物がつきもの。これがお安いものだとせっかくのドレスや着物もチープに見えてしまいます。トータルで準備するには、ドレスや和装の価格プラスアルファを予算から確保しておいて下さいね。神田うのブランドには和装もあるのですが、こちらはレンタルで18万円位から。ちなみに、ドレスのレンタル価格は、調査によると262,500円位から。どうしても神田うのドレスが着たい!という方なら、何とか手が届くお値段ではないでしょうか。

ファッションデザイナーとしての活動

  • 1999年、毛皮メーカーとのコラボレーションで「コスタ・モーダ・ウノ」ブランドを発表、その後サングラスブランド「U-NO」を発表し、現在ではストッキング・下着(Tuche' UK UNOKANDA トゥシェ・ユーケー)、和洋ウエディングドレス(Scena D'uno シェーナ・ドゥーノ)、ウェディングドレス(UNO et L‘ETOILE ウノ・エレトワール)、振袖(Scena D'uno Salala シェーナ・ドゥーノ サララ)、ジュエリー(DUNOA デュノア)、ゴールドジュエリー(Umpresse アンプレーゼ)、の自己ブランドのタレントプロデューサー。
  • 2005年春には南青山に推定5億円ともいわれる豪邸(通称・パンスト御殿)を建てたことで話題になった。
  • 2008年5月29日自身のブランドUNO KANDAを始める。パーティー・バッグ、ビジネス・バッグ、財布、パス・ケースを発表。
  • 2009年UNO KANDA春夏コレクションより、グローブ・日傘のアイテムが増える。

神田うのの受賞歴

  • 1995年 第33回ゴールデン・アロー賞新人賞(芸能)受賞
  • 1997年 ネイリスト協会ネイルクィーン賞受賞
  • 1998年 長野パラリンピック オープニングセレモニー「HOPE」主演
  • 1999年 第43回日本ファッション・エディターズ・クラブ賞」受賞
  • 1999年 第43回セレブリティ・オブ・ザ・イヤー」受賞
  • 2000年 広告大賞「ボス」
  • 2000年 ヘアービューティー2000」受賞
  • 2003年4月 サーブルドール騎士団駐日大使館名誉会員受賞
  • 2005年 ボジョレーワイン騎士号受賞
  • 2005年 第3回パーカッシオ美脚大賞受賞
  • 2008年 第1回シューズベストドレッサー賞女性部門受賞
  • 2010年 第11回ベストスイマー賞受賞