世界に進撃する日本のデザイナー集

NIGO

NIGO

1993年に「A BATHING APE(通称『BAPE』)」を展開して以来、“裏原”系のカリスマと称されたデザイナー・NIGO(40)。文化服装学院在学中にDJ、ライター、スタイリストとしてのキャリアをスタート。卒業後の1993年、当時アンダーカバーをデザインしていた高橋盾(愛称:ジョニオ)とともに、東京・原宿にアパレルショップ『NOWHERE』(No whereとNow hereを掛けている)をオープンし、若者に爆発的な人気を得ています。

スタイリッシュに垢抜けてオシャンティーになろう

NIGO/デザイナーとしての活躍

オリジナルのカモ柄を使ってデザインをしたアイテムが世界的なアイコンとなりました。商品は世界各地に約50店ある「BAPE STORER」とよばれるショップで独占的に販売されています。2005年に「裏原宿」にThe Neptunesのファレル・ウィリアムスとアパレルブランドBILLIONAIRE BOYS CLUBRとICE CREAM?を共同で立ち上げ、東京、NEW YORK、香港に店もオープンしました。2011年にBILLIONAIRE BOYS CLUBRの運営及びデザインからは退いています。

NIGO/略歴

  • 2004年、雑誌「TIME」の特集で「アジアの英雄20人」の1人に選ばれた。
  • 2007年、24時間テレビ(第30回)のTシャツをデザインした。
  • 2005年、アンディー・ウォーホル創刊の米有名雑誌「インタビュー」誌の日本特集号の表紙を飾る。撮影はシャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルド。マーク・ジェイコブス、ファレル・ウィリアムスとのコラボレートによるサングラスがルイ・ヴィトンより世界発売される。
  • 2008年、雑誌GQ JAPAN主催の『MEN OF THE YEAR』受賞。パリのセレクトショップ『colette』内に『BAPE STORER』をオープン。
  • 2010年、新ブランド「HUMAN MADE」を立ち上げる。ユナイテッドアローズとのコラボレートによるスーツレーベル『Mr. BATHING APER UNITED ARROWS』を発表。アイウェアメーカーのクレイドルより『EFFECTOR by NIGOR』を発表。
  • 2011年1月31日、株式会社ノーウェアを香港企業のI.Tへ売却し、A BATHING APERのクリエイティブ・ディレクターとして2年の契約を結ぶ。『HUMAN MADE』のショップ『COLD COFFEER』をオープン。
  • 2012年、コンバースフットウェアより『CONVERSE ADDICT by NIGOR』を発売。
  • 2013年4月30日、香港I.Tとの契約終了に伴いA BATHING APERのクリエイティブ・ディレクターを退任。現在はフリーとしてさまざまな分野で活動している。

洗練されたハイセンスオサレ

ネットショップ開業に必須の100社レンタルサーバー比較を条件に合わせて検索できます!

NIGO/音楽及びその他の活動

国内外問わず多数のミュージシャンと交流を持ち、音楽にも活動の場を広げています。

1997年

赤坂BLITZにて最初の「Worldwide bape heads show」をプロデュースした。Cornelius、スチャダラパー、UA、TOKYO NO.1 SOUL SET、高木完などが参加。その後も年1回ペースで継続開催。

1999年

トイズファクトリーより『Ape Sounds』をリリース。同時に音楽レーベルApe soundsを立ち上げる。

2000年

『Shadow of the ape sounds』リリース。CDシングル5タイトル発売。

「A BATHING APE presents BAPE HEADS TOUR 2000」を東京、名古屋、大阪で開催。

2001年

『Ape Sounds REMIX』をリリース。リミキサーには細野晴臣ら豪華メンバーが世界中からが参加。

2003年

全日本プロレスとのコラボレーションイベント「BAPE STA!! PRO-WRESTLING ZEPP TOUR」を全国5ヶ所にて開催。

「BAPE 10th ANNIVERSARY PARTY」を開催。The Neptunes、Clipse、FAM-LAYらが出演。

2004年

『BAPE SOUNDS』発売。The Neptunesらが参加。

2005年

「MTV ASIA AWARDS 2005」にて、STYLE AWARDを受賞。

APE SOUNDSより『NIGO presents Return of the Ape Sounds』を発売。harrell Williams、Mark Ronsonを招き、A BATHING APE12周年パーティーをageHa@studio coastにて開催。BILLIONAIRE BOYS CLUBRのオープニング記念パーティー「PHARRELL WILLIAMS & NIGO presents THE ICE CREAM STORE OPEN PARTY」開催。

m-floのVERBAL、RIP SLYMEのRYO-ZとILMARI、WISEらとともに音楽ユニットTERIYAKI BOYZRを結成。

『BEEF or CHICKEN』をDef Jam Recordings/BAPE SOUNDRSよりリリース。プロデュースにファレル・ウィリアムス、ダフトパンク、ビースティ・ボーイズ、コーネリアスらが参加。TERIYAKI BOYZR全国ツアー「デリバリイッチョウツアー」開催。「ROCKIN'ON presents COUNTDOWN JAPAN 05/06」にてライブパフォーマンスを行う。

2006年

TERIYAKI BOYZRのHeartbreakerのプロモが「SPACE SHOWER Music Video Awards 06」のBEST HIP HOP/R&B VIDEOを受賞。

TERIYAKI BOYZRのLIVE DVD『THE OFFICIALデリバリイッチョウDVD』発売。

映画ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの主題歌をTERIYAKI BOYZRで製作、プロデュースはThe Neptunes。

FENDIのイベント『B.MIX PARTY』を総合プロデュースしファッションブランドとしては初めて国立競技場のグラウンドでイベントを開催。友人でもあるカニエ・ウェストがパフォーマンスを行う。

2007年

1月24日、カニエ・ウェストプロデュースによる『I STILL LOVE H.E.R. feat. KANYE WEST』をリリース。

7月28日、台湾の野外フェス「FORMOZ FESTIVAL 2007」出演。

8月11日、「SUMMER SONIC 07」東京公演のIsland Stageに出演。

2008年

音楽フェス「SUMMER SONIC」でBAPERステージをプロデュース。カニエ・ウェスト、N.E.R.D.、TERIYAKI BOYZがパフォーマンスを行い、その後香港にて同イベントを開催。

ブランド設立15周年のアニバーサリーブック『A BATHING APER』をNYの『RIZZOLI』より世界発売。

2009年

TERIYAKI BOYZRのセカンドアルバム『SERIOUS JAPANESE』とDVD『DELICIOUS JAPANESE』をリリース。カニエ・ウェスト、クリス・ブラウンらが参加。

初監督として手がけたTERIYAKI BOYZRのミュージックビデオ『ZOCK ON! feat. PHARRELL and BUSTA RHYMES』がMTV JAPAN VIDEO MUSIC AWARDS 2009にて最優秀ヒップホップビデオ賞を受賞。

『パークハイアット東京』のコンピレーションアルバム『TOKYO SUITE by NIGOR』が発売。

2010年

プロデュースを手がけたカレーショップ『CURRY UP』がオープン。

2012年

初の著書『BAPER ARCHIVE by NIGOR』を発売。

ポラロイドフィルムメーカーの『THE IMPOSSIBLE PROJECT』より『IMPOSSIBLE by NIGOR』のフィルムと写真集を世界発売。

マガジンハウスよりアトリエを自ら撮影した『ATELIER BY NIGOR』を発売。

音楽活動

シングル

  • 1.KUNG' FU FIGHTIN' featuring TYCOON TOSH(1999年12月22日)

アルバム

  • 1.APE SOUNDS(1999年11月21日)
  • 2.APE SOUNDS REMIX (2001年6月21日)
  • 3.(B)APE SOUNDS(2004年2月5日)
  • 4.BEEF or CHICKEN / TERIYAKI BOYZ(2005年11月16日)
  • 5.NI-GOLDEN-HITS(2006年12月20日)