世界に進撃する日本のデザイナー集

高田賢三

高田賢三

皆さんは高田賢三さんのことご存知ですか?パリ在住のファッションデザイナーです。1970年代、故イヴ・サンローランとパリコレ人気を二分した人、当時はケンゾーのパリコレ招待状は「プラチナチケット」、郵送途中でよく盗まれたそうです。昔、パリコレはオートクチュール全盛でした。そこにプレタポルテ(既製服)だけでパリのモードシーンに登場、初めてコレクションに音楽を流した(いまでは当たり前になっていますが)デザイナーです。賢三さんが大好きな画家アンリ・ルソーの「ジャングルの夢」にヒントを得て、ご自身が壁にジャングルの絵を描き、小さなブティック「ジャングルジャップ」を開店、そこで初めて小さなショーを行い、直後に雑誌ELLEの表紙を飾ってスターになりました。以来10年ほど、パリコレ人気ナンバーワンのデザイナーとして様々なトレンドを世に送り出しました。

スタイリッシュに垢抜けてオシャンティーになろう

高田賢三/作風

「混ぜるのが好き」という賢三の作風は、いくつかの異文化のオリジナリティが融合したもの。賢三の融合的な作風はフォークロアとしての世界のブランド史、ファッション史で大きな位置を占めています。新しいものを多く採り入れ、ファッションの既成概念をことごとく打ち崩しました。花柄を多用し、カラフルな色彩、世界の民族衣装も積極的に採り入れています。ペザントルックやレイヤード等、和洋折衷の妙に溢れた独自の作風と色彩の斬新さでモード界に多大な影響を与え、70年代のファッション業界をイヴ・サンローランとともに引っ張ったデザイナーです。

高田賢三/経歴

  • 姫路市立野里小学校、姫路市立広嶺中学校、兵庫県立姫路西高等学校卒業後、神戸市外国語大学中退。
  • 文化服装学院デザイン科師範科卒業。同級のデザイン科9期生には、コシノジュンコ、松田光弘、金子功、北原明子ら、後のファッション界をリードする人材が揃っており、「花の9期生」と呼ばれた。
  • 卒業後、「三愛」「ミクラ」を経て1960年に第8回装苑賞を受賞。
  • 1965年に渡仏。「ビューロードスチール」に勤めた後に1970年に独立。
  • フランス、パリのギャルリ・ビビエンヌ(ギャラリー・ビビエンヌ)で、プレタポルテのブティック「ジャングル・ジャップ」(現ケンゾー)をオープン。また同年に作品が「ELLE」の表紙を飾った。
  • その後同ブランドはパリ・コレクションで注目されるブランド、かつ世界的ファッションブランドの1つに成長。
  • 1993年にフランスの有名ブランドメーカー「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」 (LVMH) にブランドを売却する。
  • 1999年には一度はデザイナーから退く。
  • 2003年頃に独立デザイナーとして復帰。
  • 2004年にはアテネオリンピックの式典・移動用ユニフォームのデザインを担当(提供は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング)。

高田賢三/「KENZO」略歴

  • 1969年、高田賢三がパリにブティック「ジャングル・ジャップ」をオープン。
  • 1960年、文化服装学院在学中に「装苑賞」を受賞。61年、文化服装学院を卒業。卒業後はデザインの職につく。65年、単身パリに渡る。パリに渡った当初はデザイン画を売り、その中で既製服メーカーのビザンチに雇われたことがきっかけでパリで暮らすようになる。
  • 1969年に「ジャングル・ジャップ」と自ら差別用語を用い、パリでブティックをオープン。自身のブティックで、ささやかながら1970S/Sコレクションを行なう。お金がなかったので日本から和服の生地を取り寄せて服を使ったが、それが功を奏して、着物地のワンピースが「ELLE」の表紙を飾る。
  • 1970年パリ・プレタポルテ・コレクションにデビュー。初のショーはパリのビクトワール広場を臨む「ギャラリー ヴィヴィエンヌ」で行われた。それから3年たち1972年、5回目のショーはドロテビス(デザイナー:ジャクリーヌ・ジャコブソン)やシャンタル トーマスらとのジョイントで、サレ・ワグラムで行われた。
  • 83年にはメンズウェアライン、86年にはスポーツウェア(カジュアルウェア)ラインの「ケンゾー・ジーンズ」と「ケンゾー・ジャングル」を発表。ライセンス展開も積極的に行い、タオルやTシャツなどが一般にも普及した。
  • 80年代後半あたりから経営難に陥り、93年LVMHがケンゾーの株式を買い取る形で新会社を設立。高田賢三はケンゾーの創作活動に専念することになった。しかし経営側との意見がマッチせずに99年10月7日に行われた2000S/Sコレクションで引退。後任にレディースはジル ロズィエ、メンズはデンマーク出身のロイ・クライスベルグが就任。2004S/Sより、クリストフ・ブロンダンがメンズ・プレタポルテのアーティスティック・デザイナーを務める。
  • 2004A/Wより現在に至るまで、アントニオ マラスがレディース・プレタポルテのアーティスティック・デザイナーを務めるている。メンズに関しては、デザインチームがレディースとテーマを合わせてコレクションを発表している。

洗練されたハイセンスオサレ

「KENZO」の新ディレクター/ウンベルト・レオン・キャロル・リム

2011年、アントニオ マラスに代わりオープニングセレモニーの創設者ウンベルト・レオン(Humberto Leon)とCarol Lim(キャロル・リム)がクリエイティブディレクターに就任した。ウンベルトは、1975年6月7日ロサンゼルス生まれ。カリフォルニア大学バークリー校にてVisual ArtとAmerican Studiesを専攻し、1997年に同校を卒業。キャロルも1975年2月20日にロサンゼルスで生まれ、カリフォルニア大学バークリー校にてEconomicsを専攻。ウンベルトと同じく、1997年に同校を卒業。彼らは大学時代に友人となり、卒業後、共にニューヨークへ拠点を移しました。両氏がより一層の絆を深める一方で、ウンベルトはバーバリーとGAPで、キャロルはバリーでキャリアをスタートしました。 2002年、2人はビジネスパートナーとなり、ニューヨークにオープニングセレモニーをオープン。ファッション・デジタル・リテールの全てを網羅したオープニングセレモニーの大成功により、2人は世界のファッション業界において最も影響力がある人物として認められるようになりました。現在2人は、アメリカファッション協議会(CFDA: Council of Fashion Designers of America)のメンバーであり、Parsons School for Designでアドバイザーを務めています。さらにウンベルトは、パリで行われているアンダムファッション・アワード(ANDAM fashion award)の審査員でもあります。

高田賢三/主なブランド名

  • KENZO PARIS(ケンゾー・パリ)
  • KENZO KI(ケンゾー・キ)
  • KENZO HOMME(ケンゾー・オム)
  • KENZO JEANS(ケンゾー・ジーンズ)
  • KENZO JUNGLE(ケンゾー・ジャングル)
  • KENZO JUNIOR(ケンゾー・ジュニア)

高田賢三/映画監督作品

  • 『夢・夢のあと』(1981年・日本)
    • 高田賢三は映画監督もしているんですよ。

高田賢三/受章・受賞歴

  • 第8回装苑賞(1960年)
  • FEC賞(1977年)
  • フランス芸術文化勲章シュヴァリエ位(1984年)
  • 毎日ファッション大賞(1985年)など。