世界に進撃する日本のデザイナー集

山本耀司

山本耀司

山本耀司といえば、コムデギャルソンの川久保玲と並び、日本を代表するデザイナーの一人ですよね。80年初頭にパリコレに進出し、黒を基調としたボロルックで、「黒の衝撃」と呼ばれているセンセーションをファッションの世界で巻き起こしました。それから30年以上が経過していますが、彼らを超える日本人のデザイナーは誕生していないといえるかもしれません。山本耀司はいまもパリコレの第一線で活躍していて、マエストロ(巨匠)と呼ばれるようになっています。黒を基調とするエレガントなデザインはいまだ健在で、レディースのコレクションはいつみても本当にに美しいです。

スタイリッシュに垢抜けてオシャンティーになろう

当社があなたをサポートします!設備が充実した住宅をたくさんご用意!高槻 賃貸のお部屋探しは当社で!

山本耀司/観点

山本耀司を語る上で重要なのは女性観です。「幼い頃から、女の人を通して世の中を見続けてきました。」と彼はいいます。「女性が無理をしなければならないような不条理な社会を作った男性は、みんな敵になったんです。」これが彼の女性観の原点なのだろう。彼はハイヒールというものをファッションでは使っていないそうです。かかとのない靴で自然に歩いたほうが、女性は綺麗にみえるというのが彼の主張です。確かにヒールの高い靴を履いていて、歩き方が美しくない人を見かけると、なにか勿体ないなぁと私も思ってしまいます。また母親からの影響も大きいといいます。母親が一番のファム・ファタルだったと山本耀司はいっています。

山本耀司/本

そんな山本耀司が生い立ちから現在に至るまでのことを語ったのが本、『服を作る』ことです。ファッションが好きな人は必見だ。山本耀司が創りだす美の原点を知ることができます。子供のときに書いていた漫画(手塚治虫風のタッチでこれがめちゃめちゃうまい)や、本人の描いたデザイン画(これがまた、ため息がでるほど美しい!)などが収録されています。また、コレクションの写真を眺めるだけでも楽しいはずです。交友関係の話も興味深いです。映画監督の北野武やヴィム・ヴェンダース、そしてダンサーのピナ・バウシュなどとの交流についての話があります。北野武の映画では何度か衣装を手がけています。印象深いのは『dolls』の衣装で、菅野美穂が着ていた赤い服はいまも眼の奥に焼き付いているという人も多いのでは無いでしょうか。

山本耀司/主なブランドライン名

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)レディースのコレクションライン。通称FEMME。Yohji Yamamoto +Noir(ヨウジヤマモト プリュス ノアール)レディースライン。“黒”をテーマに、アクセントといくつかの色・柄によって構成。Yohji Yamamoto POUR HOMME(ヨウジヤマモト プールオム)メンズのコレクションライン。通称HOMME。Yohji Yamamoto COSTUME D'HOMME(ヨウジヤマモト コスチュームドオム)メンズのスーツライン。Y's(ワイズ)レディースライン。自立した女性がテーマ。1972年スタート[3]。2012-13年秋冬コレクションからは、山本と共に仕事をしてきたプランナーやパタンナーらが継承する予定。s'yte (サイト)インターネット限定のカジュアルウェアブランド。2011年9月スタート。

山本耀司/休止・終了したブランドライン

  • Y's for men(ワイズフォーメン)Y'sのメンズライン。もともとはY'を着ている女性の隣にいる男性が似合う服というコンセプト。2009-10年秋冬コレクションをもって休止。
  • Y's for men SHIRTS(ワイズフォーメン シャツ)メンズライン。
  • Y(ワイ)イタリア生産のスーツライン。

山本耀司/コラボレーション

Y-3(ワイスリー)
ドイツのアディダス社とのコラボレーションブランド。Yohji JEANSエドウィンとコラボレーションしたジーンズのブランドです。2012年6月よりヨーロッパとアメリカ地域で販売開始。
Y's for living(ワイズフォーリビング)
生活雑貨のブランド。
Y'saccs(イザック)
1986年、Y'sの雑貨ブランドとして誕生。2001年にコラボレートを解消。
Yohji Yamamoto D'URBAN A.A.R (アール)
ダーバン社(現、レナウン)とヨウジヤマモトのコラボレーションによる、大学生をターゲットにしたビジネスラインブランド。A.A.R とは Against All Risks の略。1992年スタート。2005-06年秋冬コレクションを最後にコラボレートを解消、2008年春夏コレクションをもって終了。
COMING SOON(カミングスーン)
イタリアのシンヴ(Sinv.)社との提携によるカジュアルブランド。
Y's MANDARINA(ワイズ マンダリーナ)
マンダリナ・ダックとコラボレーションしたバッグのブランド。2006年スタート。
Prototype(プロトタイプ)
イギリスのリンダファローとコラボレーションしたサングラスのブランド。この他、サルヴァトーレ・フェラガモとのコラボレーションによるシューズや、石ノ森章太郎(仮面ライダー、イナズマン、009 RE:CYBORG)とのコラボレーションがある。

洗練されたハイセンスオサレ

山本耀司/ヨの音楽活動

世界的デザイナーと騒がれ、1人の人間としてではなく、「ヨウジヤマモト」という商品として扱われ始めたことに恐怖を感じ、「人間・山本耀司」の存在を表現するために、山本耀司は音楽活動を行っています。

  • 1987.05.21 - 高橋幸宏 「La pensee」(1987 S/S、1987-1988 A/Wファム)
  • 1991.05.10 - 「compulsion」(1991-1992 A/Wオム)
  • 1991.12.11 - 「さあ、行かなきゃ」(初ソロアルバム)
  • 1993.08.10 - HIROFUMI TOKUTAKE for Yohji Yamamoto 「THE SHOW vol.1」(1993-1994 A/Wファム)
  • 1993.12.19 - Michael Nyman for Yohji Yamamoto 「THE SHOW VOL-2」(1994 S/Sファム) BR> ・1995.01.30 - 矢野顕子 for Yohji Yamamoto 「THE SHOW vol.3」(1994-1995 A/W、1995 S/Sファム) BR> ・1996.02.25 - 「THE SH0W V0L.4」(1996 S/Sファム) BR> ・1996.03.25 - 「DON'T LOOK BACK」
  • 1996.12.01 - 「THE SH0W V0L.6」(1997 S/Sファム)
  • 1997.04.18 - 「YOUR PAIN SHALL BE YOUR MUSIC」
  • 1997.04.18 - 「HEM」
  • 1998.11.18 - 「Dog of Terror-地」
  • 2002.07.31 - 「THE SHOW vol.7」(Yohji Yamamoto Collection 1995)

山本耀司/経歴

オーダーメイドの洋装店を営む母親に育てました。1966年慶應義塾大学法学部を卒業後、文化服装学院へ入学、1969年卒業。同年に装苑賞遠藤賞ダブル受賞。以降、プレタポルテを志向するようになりました。

  • 1972年 株式会社ワイズを設立
  • 1977年 東京コレクションにデビュー
  • 1981年 パリ・プレタポルテコレクションにデビュー。同時にYohji Yamamotoを開始
  • 1984年 株式会社ヨウジヤマモト設立
  • 1989年 ヴィム・ヴェンダース監督映画「都市とモードのビデオノート」に出演
  • 1999年 坂本龍一によるオペラ「LIFE」の衣装を担当
  • 2001年 北野武監督映画「BROTHER」の衣装を担当。以後の北野作品には全て関わっている
  • 2002年 パリ・オートクチュールコレクションの期間にプレタポルテを発表
  • 2002年 Y-3ラインをコレクションデビュー
  • 2004年 紫綬褒章受章
  • 2005年 経済産業省より「日本ブランド創造貢献企業表彰」受賞
  • 2005年 フランス芸術文化勲章「オフィシエ」受章
  • 2006年 英国王立芸術協会名誉ロイヤル・デザイナー・フォーインダストリー受章
  • 2008年 北京の故宮・太廟にてY'sのショウ開催
  • 2008年 中国友好和平基金のもと山本耀司和平基金を設立。ロンドン芸術大学、名誉博士号授与
  • 2008年 ヨウジヤマモトのパリ カンボン旗艦店オープン
  • 2009年 2009年4月30日付け代表取締役辞任
  • 2009年 10月8日、(株)ヨウジヤマモト民事再生法の適用を申請。負債60億円
  • 2009年 12月、新(株)ヨウジヤマモトが旧会社から事業譲渡を受け再創業
  • 2010年 4月1日、東京で19年ぶりにメンズコレクションを発表
  • 2011年 英国ヴィクトリア&アルバート博物館にて「ヨウジヤマモト展」開催
  • 2011年 フランス芸術文化勲章「コマンドゥール」受章